admin
Selected category
All entries of this category were displayed below.

デスティニーとレジェンドもらってました。

あーおっそろしいぐらい一気に見れますね。

うん、うざったい女難が無ければ面白いな!


アスランが言いたい事が上手く伝わらないのも、カガリの政策が上手く行かないのも、キラとラクスが前面に最初から出てこなかったのも、ぶっちゃけこいつらが上手くいっちゃったら最強すぎて話が10話終わっちゃうからなだけで。


シンだけの視点で見ていくとキラを誤解していくのはわかる。
↓けど
そこでアスランはシンにたいしてキラは『幼馴染で親友』でカガリは『恋人』でと言ってくれないのがズうううううううううううううううううううううっっっっともどかしいと言うか。

いいんだけど、そういうのひけらかすのどうかと思うし。
でもそれで必要のない戦闘だと、シンが気づけばいいだけで。

シンが撃つ奴は誰かにとって大切な人ということを。
アスランにとって何にも変えられない大切な人がアークエンジェルにはいる。
三艦同盟仲間、よりもっと個人的に・・・。


・・・アスランて、カガリにぐらいしか言ってないんだなあ・・・キラが幼馴染だって・・やっぱりそういうの言ったりしないんだなあ。



えーとステラが湖に沈められて、ムウとの会話があって、キラがシンに落とされて。


・・・・キラおーえんしちゃったよ。もうっ。結果知ってるのに。

キラかっこよすぎる~~~。


シンの気持ちも理解してきた分このシーンの見え方も変わりましたが、やはり、無くていい戦闘・・ですね。

アスラン・・・がもっと言葉でなんとか伝えられればね・・・。伝えきれてないまま脱走か(TT)

世の中勉強が出来ても人の気持ちをつかめなければ大物にはなれないと思うのですが。
オーブで准将やってその辺を鍛えられてくれアスラン・・。

キラとカガリはその辺天性的に人をひきつけて、自分の位置を下げられるから相手の中に入って気持ちを理解するなあ。

ラクスは、アスランと一緒でみんなが友達になりたい、と思わせるのに、自分の位置を下げることを逆に周りにして欲しくないとそういうみんなが態度をとられるから、下げれないと言うか・・アスランは上手く喋れんからよけい下がんない・・。・・・おいおい大変な気がするなあ。ラクスのほうが多少柔軟かな。



うん、まあ、もー個人的な思念の戦争になりつつあります・・。
もうちょっと組織じみたものがあればいいのに・・。超能力戦争になってきました

人気がある奴が生き残っていくというか・・・そんなかんじ・・・。

キラとシンの戦闘も・・・相手はシンでなくていいけど、これ、キラがやってくれたら超かっこいいなあ。

シンもキラと出なくて、あの戦闘シーンだったら燃えたな。

シンに、命令に意味がキラよりも深かったら、・・ステラの死は深いけれど、キラのうほうが背負ってるものが重すぎるから、キラのほうが惹き付ける。


面白いのかと言われればついつい見ちゃうとおもいます。
みてて、キラキラ言ってるようで、思い出すのはカガリのことばかりです。ここにきてもアスランは。

・・・アスランってほんとカガリにしかベクトル向いてないんだよな・・。
当時、絶対的にデユランダル議長と同じでマスメディア戦略だよなあ。女難って・・・。


カガリ!もう一度アスランの手を取る勇気を出してくれ・・・。





やはり・・・胸のうちはなにもすっきりしないです。




あ、そういえばルナが告ってましたね。華麗にアスランスルー。GOODJOB。
損しているという言葉は名言だけど。うん、カガリならあそこで告るとか好きだとか色恋
なんて考えもしないで、半分真剣に半分は慰めたくて大真面目に茶化すんだろうなと思ってしまいました。




あーアスランはやっぱりカガリの隣にいる方が賢そうにみえる・・・。カガリの傍にいる方がカッコイイ。
そんでもって、なんか安らいでいるように見えるよ~~。








追記>

シンがステラを湖に沈めるとき、めちゃめちゃ泣いているのを・・・。

アスランとガガリで考えたら、シンの気持ちを理解した・・・。
守るって約束したのにという言葉ともにぐさぐさと・・・。

キラへの憎悪がわからんでもなくなった・・。
その憎悪は、殺したくて殺したんじゃない、誤解なのだけど。
カガリがキラに殺されて、それをアスランが止められなかった・・とすると・・・。あー・・・。

あまり考えたくないですが・・。仮、にということで。



実際にキラとアスランは止められずにヤリアッタわけだし。


・・・やはり力ずくで聞かせる奴がいないととまんないのだろうか。
このときアスランには出来なかった。

カガリがアスランに向かって銃を向け、どうして友達のお前に殺されなきゃならないと問い詰めて、伝えて。
ラクスもアスランにザフトのアスランザラかどうかを説いた。



最後、アスランとシンが戦った時、アスランはシンの心をとりもどせたんだろうか・・。








いや、カガリが気持ち的に復活してくるところだったので、元気な姿を見たくて。
生き残りのオーブ軍とのアークエンジェル内でのやり取りがほっとさせる。キラが、いいずらいことを言ってくれるのも好きだ。
カガリ、ほんとこれからは逆境の中守ってくれた助けてくれた同じ想いを持ってくれたみんなのためにも動くんだ~。カガリはほんと仲間に恵まれる。まあ、もちろんカガリが仲間への感謝を絶対に忘れないからなんだけど。

実際、そうなっていくしな。



・・・でもアスランの事だけは、それだけは、感情を抑えられず『別』なのが酷く堪らない。


恋情というものはそういうものだから。
カガリはずっと苦しむんだろうな。アスランの事に関しては。




・・・ああもう、幸せになってくれアスカガ。







もどりまして。

しかしここまで相変わらずアークエンジェルは出ずっぱりですね。


タリア艦長のいうとおり、みているほうもザフトと連合に関しては後味が悪いよ、ほんとにもう。


キラ達、アークエンジェルが先にロシア入りしているのも、議長の思惑外で小気味いいわ。
しかもキラ達にはほんとに政治だとか現在の状況だと無縁だし。どこに味方しようと自分勝手だけど、守りたいと思う気持ちは前面に出る・・。

シンとレイとステラがせつなくていいです。

出た、妹が姉に見舞いに行かない話が。のーてんきすぎる。
姉も、アスランの事ばっかり言ってないでシンを気づかってやれよ。
アスランはアスランは?でうっとおしい。
この姉妹はもうちょっとシンとレイを気遣うべきでは。仲間なんだから。
むしろ、アスランを仲間と思えるほど、長く一緒にやってないだろうし、アスランの気持ちの底辺はキラ達に繋がってるの、みんな知ってるだろう。姉は特に・・・。


と、デストロイが出てくるまでみました。
シンの視点だとキラが誤解されるのもわかるけど切ない・・・。。

・・・アスランはもうちょっと上手くキラをフォローできないのか。そういう奴じゃないって。
じゃなきゃ、キラとシンの戦闘が無なったかもしれないのに。

やはり、自分が向かうべき道を迷ってると、途端動きが悪くなるな。
それはみんな同じか。

自分の信じて進んだ道が正しいと思っていたのに、キラに違うといわれて、迷わないはずなのに、カンのいいキラに言われると綻びが生まれる。
カガリとオーブ軍、ラクスが狙われたこと偽者のことを知っているだけなのに。
キラがアスラン自身が守りたいと思っていたものカガリとかカガリの心とかを目の前で現実に守っているから、心の端で正しくないのではと思い始めて。

迷わない心というのもおかしいけれど。

とっとと戻ってくればいーじゃんと思うけれど、一度仲間にしたザフトの仲間を裏切るような事になるのも出来ない。身近な仲間から説得せずに、頭の議長へ説得にしかかるのも、それが普通は出来ないのに出来てしまうのもアスランらしいけど。

上手く言ったためしがないのは何でかな(急に爆笑)。


えーほんとに上手く行かないのはナンデだ?。
パトリックと話したときもだけど。

説得する力がないってだけだったら哀しいぞ(苦笑)

当時の感想www(全部で4ページ)
Hさんの場合www



0629a.jpg



なんというか・・・シンステとキララクの回かと思えば、アスランがキラとカガリを思い出したり、なんと言ってもカガリがベッドで指輪を眺めて・・・少し拗ねたように考え込むような仕草が堪らないvvv回。

あーいろいろな表情するなあカガリって。
でもこんなに女の子っぽいのはSEEDだとキラがアスランを紹介する時にラクスの婚約者だといった時。

デスティニーではアスランの前でもオトコマエだけれど、恋愛部分になると途端慌てたり、寂しそうにしたり、嬉しそうにしたり、『アスラン』を気にしたり・・・。


あああああ・・・かわいいな・・・。


シンステは・・見てて幼くて・・イタイ。どうみても未来のある方へは進んでないし、そして凄い奇跡は起こらずに士別するのだから・・見てて辛いです。奇跡が起こってほしかったな。

キラとアスランにはラクスとカガリという奇跡が起こったのだから。


キララクは・・・。
当時見てたときはこのシーン大好きだったんですけど、今はその後に続く監督の過剰な擁護、平井さんの書き下ろしなどなどを思い出して、連動でどん引きします。仕方が無いwww。


うーん。だんだん物語りの内容から、イかに萌えられるかどうかに作品がなって来てるなあ・・・。


正直ですぃてにーは内容は17話まで。きゅっっと締まったつくりをしてますwww。

この後のシンの扱いや、24話でキラやアスランがガンダムをマイカー代わりにしている時点で終わってるwww。





ああああ、もうカガリが可愛すぎる・・・



(え)
(話はともかくカガリが可愛すぎて堪らない回ではあります)
(萌え萌え萌えな部分をづらづらづらと・・・・)

というかなんの因果かこれも24話。

とにかく、天使湯のラクスとカガリには鼻血ぶーっです。(笑)
いやもう可愛すぎる。
ラクカガ好きすぎる・・・。

でもいつ見てもどうやって頭をまとめているんだろうと思ってしまいます。ラクスの髪。

「まず決める、そしてやり通す」の下りはラクスが言った台詞の中で一番好きな言葉。

というかこれ以外特に無いといっても過言ではないかも。


風呂の中でぶくぶくさせるのはカガリの癖。(萌え)

ラクスにどうされましたか?と言う質問に『これでよかったのかな・・』という進藤ボイスがたまりません。
あーーーうーまーいーよーーーーーーっ。切なく甘くしびれます・・・。


そして脱衣スペースでのカガリの背中はなんというか・・・エロさより綺麗さが際立って・・・・堪らない。

そうか、・・アスランはカガリのこの背中を見てるんだな・・・と思うと来週ザフトに戻るアスランに回し蹴りしたいけど。

ホックをつけているところなんかなーにーもーーーーっったまらない・・おいしすぎる。
下着も綺麗すぎる・・・。
すこしもサービスシーンだと思えない切なくて綺麗なシーン。
(でもこのシーンのフィギュアもしくは羽織軍服のフィギュアはRAHで欲しい。)

そして正面向いて指輪をつけて大事そうに抱きしめるまでの動きが・・・

ほんと大人びたよなあ・・・。
SEEDの時のやんちゃが影も形もない。

たぶんアスランにしか見せない部分なんだろう・・・と・・・また、アスランを小憎らしくおもってしまうぜ。




赤のナイトも姫を探しています。というミリアリアの伝聞もアスカガ要素てんこ盛り。
あ、この回アスランがトールを殺したのが自分だってことに気づいていないのが判明する回でした。サイアクだ、アスラン。
それを聞いて、私も行くぞというカガリと、一緒に行こうといってくれるお兄ちゃんなキラ。ああ・・堪らない・・・。
(でも、キラ・・にはこの時点でアスランが戻ってこないという事を感じてるんだろうな)(でも、好きだからとか傍にいて欲しいからとかはまったく言わなくて、心配してるとだけ言うカガリはやっぱりアスランに会いたいんだろうなと汲み取って、そんで一緒に行く・・・。優しいいなあ・・・)


カガリの私服!
これもまた可愛いv。

クレタ島の風にたなびいてスカートみたいに見えるのがまた萌える。
まあ崖を上るのだからスカートではないだろうけど。
でもとにかく可愛い。
このフィギュアも出てないんだよっ(TT)(ヒロインズ出ると思ったのに・・・)(ヒロインヒストリーででろおおおおおおおおおおっっ)

心配したんだぞ!とアスランに言いつのるカガリが健気すぎる。

もうこのシーンほんとにカガリ可愛い・・。

上手すぎるよこの回のシナリオ。

絶妙すぎる。
ぐっっ・・・・と来る。こう・・内腑にくる・・・。
アスランはハイネの死亡や結婚されかけたことを恨んで、カガリはなんで戻ってこない事、なんでまたザフトにいること、もうオーブなどどうでもいいようなそんな言い方をされないといけないということが引っかかって言葉にできなくなって・・・


絶妙すぎます。



まだ来週も話し込んでるんだよね・・・。アークエンジェル側に話の尺を取りすぎだっつーの。日向は嬉しいけど、ほんとシンがわがままでイラッとくるようになってきました。


もうすぐもうすぐキラのおにいちゃんっぷりが最高潮になると思うと楽しみ~。

日向がどれだけスカッっとしたか、当時。


ジエッジで、アスランはこのシーン・・秀逸の泥臭くてかっこよさ満点でしたけど。



なんにしても話にまったく触れてないね・・・。




>追記


仲間内で

ハイネーーーーーーーーーーーーっっっ

て、よく叫ぶんだけど、本編見たら、アスランの叫びが、『ハイネッッっ』て感じで短いから変なカンジした(滝汁)






まじに出だしは悪態しか出てこない回だ・・・。出だしの五分は女難てんこ盛り。
なのでその部分はリードモア。言いたい放題かいているので大抵の人はスルーで。


・・・というわけで物凄くちょっぱやで見ました。
いや、ほんと19話前半は鬼門www。作画もなんか前半は乙女できもい。


でも、アスランが
カガリが言ってた事を議長に進言するのも

この回なんだよなあああああ(TワT)



『殺されたから殺して・・・殺したから殺されて、それで最後は平和になるのかと問われた事があります』

というアスランは、5年前、不意打ちだったな・・・・。

前半の女難にめまいがしまくってはっきり拒絶しないアスランにもやもやもやさせて、

そしてこの台詞。



・・・演出?



いやいやいや、そんな良い風にはとるまい。
偶然偶然・・。


・・・偶然じゃないならホントにかっこいい演出だけど。







というわけであとはただの女難への文句です。


・・・・・・・

・・・・・・・・・・・。なぜだ。
どうせ嫌な気持ちになるだけだろ?と思いつつみはじめたアニマックスデスティニー。

・・・・・・。

やはりミネルバの動きは議長のコマのようなうごきがリアリティを薄くさせるけど。

・・感情の流れや、台詞はほんとにいいなあ。


どこで駄目な作品になっていくんだ・・・?5年前と同様にベタはまりしている日向です。
もう2クールめにはいったらおもしろくもなんともねええと思ったけどぜんぜんそんなことがない。

というか端々で、思った以上にアスランがカガリを思い出しているのがたまらん。
(たしかにそうだったけど。カガリ応援で日向はずっぽし来てたからアスランの動きの端々を忘れているんだよ)

会議室に行く前にジンが並んでいるのを見上げて、議長を思い出したと思ったら・・カガリを思い出していやがる・・・・・・orz。くっそーーーっ。あすらんめーーーっ。次にキラとラクスがセットで・・。
な・・なんなんだ・・・だからアスカガにはまったんだな・・・って・・・くそーーーっ、なんで日向はいまでもアスランとカガリ関係にやきもきおもってるんだーーーーっ。

うおおおおおっザラ隊長かっこよすぎる・・・。そう・・おもいだした。カッコいいんだよ・・・アスラン・・。

うわーーーあああああどこでアスランがへたれてくるんだーーーっ。

大体予想付くけど・・・・なんかオンエアが一週目、今回のアニマックス二週目をみていてけっこうアスランがかっこよく見える・・・・。ああ、でもまだツークールだからかなあ・・・。これからなのかなあ(やだなあこわいなあ・・・)

そりゃこのかっこよさならアニメージュでキャラクター一位になったりするさあ!。薔薇持ってる平井アスランは絶品v。
ポワロのアルバムに、理想の彼氏はアスランっていうけど、それはどんなやつなのさ、って台詞が入るくらい。


やはり、カガリの事が底辺にあるとむちゃむちゃかっこいい男だ、アスラン。



そしてのっけから、潜ってるアークエンジェル。

はー、アークエンジェルのやりとりは癒される。

最初はものすごくいままでのあらすじ~感じで、すでにこのころからいっぱいいいっぱいで脚本作ってたのかなあとおもわせるほどの回想が・・・入った気がする・・・?

虎さんのこういうくらいニュースばかりだとめいるねえという話から、ミーアのことまで。

キラがー・・・キラがものすごーく睨んでるのがいい・・。画面にむかって・・・。
本気で怒ってるのがいいいいいいいい。


ラクスの楽しそうですわね、はもっと柔らかいかと思ったが異様にチャンドラが驚いたので、・・・そうか、黒って言われ始めたのここか、とかおもってちょっと哀しいTT。
むしろ、やっぱりカガリのあれ、いいのか?ときいたときがやっぱりたまらなかった~はにゃーん。
ラクスがちょっとうつむくのがまた可愛いv。

カガリが議長の事を話すのも、また新鮮でした。
やっぱり政治をするものどおし、どういう風にみているのかを聞けるのはおもしろい。
信じれる、優秀な人だから、だからアスランもプラントに向かったのだし、

あとプラントの情報がまったく入ってこないと推理したり・・カガリ・・・可愛すぎる・・・ああ・・もう・・・。


・・ってカガリもここでアスランの名前出すんだ~~・・・。

アスランが戻ってくればもう少し何かわかると思うんだけどって・・・そして、何やってるんだろうアイツって・・・

あ・・久し振りのアイツよばわりがいいわ・・・。


というかカガリもはしばしでアスランを心配しているのがいい・・・。



あああ・・・しかもアスランもカガリも・・・言葉にするとき、まったくもって『恋愛』の部分を横においている感じがいいなあ・・・。同じ職場にいても働けるタイプだよなあ。実は。

どっちも互いのことが底辺にいるのがいいです。これがSEEDから続いている醍醐味だなあ。


どっちも愛情表現が苦手で、足並みが揃ってるのも愛おしいというか。

アスランも得意じゃないというか上手くないけど、好きになったカガリはもっと不得手だったという・・・でも与えれば喜んでくれるし、そして過分な期待もしない・・・。

あああああ・・・いとおしすぎるぜアスカガ・・・。

ずれた・・・でもしかたがないぜ・・・。
そして5年まえも同じことをおもったに違いない。
明日にでも5年前同人誌アップしよう~~。


ミーアのコンサートシーンは見た(流石に亡き人になる人を罵る気にはなれない・・・)
でも姉妹の色気シーンは飛ばした。(短い時間だが)(物語に何の支障も無い)

それから、この姉妹の関係があまりに軽いのでそれもなんだかなあって思います。
リアルすぎて~。でも戦争やってるんだからもっと家族の絆が強くていいんじゃないか?




で、アスランがシンにむかって説教してました。

負けじとシンも噛み付きますが・・ボロ負けなのがいいですね。

こんな関係が続けばよかったのにと、思う反面、ああ、アスランはもうザフトのアスランザラじゃないんですよねー。


どうしても、キラとカガリの考えが心の中心にあるから。

そのアスランの葛藤がこれからのアスランか。

頑張れ、とは応援するつもりも無いが。日向はキラとカガリのなまちょろい考えがすきなので・・・。
そしてアスランもそのなまちょろい考えが好き。



ふふ、きょうはいそがしかったけどデスティニーのDVDみてアニマックスで見れなかったのを見て見ました。


DVDがそっこー役にったった・・・。


しかし、続きをこのままDVDで見続けないあたり、デスティニーを一気に見る気力は無いらしい。

ものすごいHP消費がはげしいらしい・・・・・。




>もうちょっと

キラ。

8話でのアスランの会話を思い出している。

ああ・・そうか、カガリはアスランが戻ってくる事は信じて疑っていないけど、キラはここで気づいているんだ。

もどってこないかもしれないって。



・・・キラになくてアスランにあるところか・・。

心と力があれば守りたいものを守れると思うキラと。
(カガリは心一つで守ろうと考える(笑)(まあ40話でキラと同じ考えになりますが))
もっと高みに行こうとするアスランの違い。


まあ、心の部分であるカガリをこれから傷つけていくわけですが、心を失った力は物凄く脆かったはず。

そうやってアスランは力をそがれていくわけだ。

そして力のみのシンのこころも取り戻してやれないのも、自分も心を傷つけてしまったから。


あー。
ちゃんとアスランはカガリとくっつけー。

実況すぎて何がなんだか(笑)

作画がきれいだなあと。いきなり年齢まで上がる感じで・・・(苦笑)

やっぱり、この辺は、
なんでカーペンタリアからジブラルタルまでのこのこのこ行かなきゃ行けないんだ?って思うから、いまいち感情が入りきれない戦闘・・・。
一般私兵たちがまったくクローズアップされないから、必死さも感じないまるで他人事のよう。
レイとルナ以外は。宇宙用のはずでザクで水中戦はなかなか。
でも水中戦はキラがやっぱり凄いからなあ~~~。
世界大戦が起こっていない状況下での戦争かあ。
これはまた描くのが難しい。

もっと派手にどんぱちしてもいいのにな。ウインダムがあっさり落とされすぎ。
ネオがいいなあ。リアルな戦闘に近づけてくれるなあ。


はは、予告が日向一番テンションが盛り上がりました。


だってカガリスキーですから。


今日もはじまりましたo(^-^)


子猫ちゃんV



助けられてもAAの中にいても、傀儡のオーブ代表であり続けようとするカガリが痛々しくて。
しょうがないんだ・・・っっ!!
とカガリがキラに叫んでいたけれど・・・そこから最後までの台詞がSEED31話のアスランの台詞にかぶった・・・。

キラが指輪をポケットからとりだしてカガリの手のひらに乗せて返してあげるシーンは・・・・胸を打ちます。
そのあともう2年で築いた代表の仮面が落ちて・・・、
アスランへの想いが止まらなくてうずくまるカガリが切ない。

抱きしめてくれるキラの腕の温度がほんとに・・・カガリには温まるものだったと思う。

みていて・・、

ありがとうキラ、だった。

カガリスキーの自分としては。



キラがカガリに問いかけをして、そしてアスランの指輪を返してまだ間に合うからと、いうのはほんとお兄ちゃんでした。キラがいままで助けてあげられなくてごめんと謝るところとか・・ほんといい片割れだなあって思う。
キョウダイっていいなって思う。普段は離れて勝手にやってるんだけど・・親子だと甘やかしの時代ではキョウダイの苦言は言いたい事を言い合うし同じ時代を生きている分結構重要だと思う。

ちゃんと強く言おうとするキラを止めようとするラクスとか、指輪を取り出して返すシーンとかもう、ほんと泣ける・・。


はー。昔はこのシーンを見て、うおおおおってもちろん思ったし。スキャナーがインク切れで使えないからとりこみできないだけで。

でも、もう、トダカさんに見送られてしばらくAAは出てこないと思ったのに、もう出てきた(喜)!って思ったのを思い出すwww
まさかこのままずるずるAAが出てくるとは・・。





| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 COMBINATION-G, All rights reserved.