FC2ブログ

admin
元気でやっているんだろうか・・・。


アスカガ仲間の誰とでもいいから連絡を取っていらっしゃるといいんだけど・・・。



携帯のブックマークにもまだアドレスが残されたままなのは相当彼女に未練があるとしか思えない。

もちろんパソコンの方にも残っているのですが・・・たぶんこのまま取っとくんだろうなあ。
そこにはドアしかないのだけれど。



世の中ではスパロボの新しいのが出たようですがそれも彼女はやりたいとおっしゃっていましたが・・・、
・・・・バンプレスト・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダーthe2ndのレビューをサイト閉鎖される前に掲載していいかどうかの許可を頂いてきました。


日々萌え綴りの飛沫 悠亜さん。
スクコマ2リアルタイムレビューの偉業はありがとうを何回言っても足りないぐらい、嬉しくて嬉しくて・・・『ありがとう』それにつきました。

まさかゲームでこんなにもアスカガしてくれるなんて・・・この台詞を石田さんと進藤さんに言って欲しい!とのた打ち回ったことか!!
ゲームの出来ない日向としては、毎日更新されるレビューはほんとにアニメをみているかのようで感激したんです。

うわ~凄いアスランスキーの人だな~おもしろいな~この人~とか、スペシャルエディションの記事も面白くてどんだけ大笑いしたか。



そんなかんじで・・私だけでなく当然本人の人柄に惹かれた人もたくさんいて・・・。




なんというか、相当さびしいです。


頼むからアスランのように

偽名でもいいから戻ってきてね。



あ、じゃあ2年後で!


と言ってみる。(諦めが悪いいらしい上前向きなのでたちが悪い日向)



・・・と、ワードにコピペして、そしてパソコンに詳しくない日向はやはり元と同じようには再現できず、自分のサイトに合わせてフォントを組み合わせております・・・。ごめんなさい・・・。


スクコマ2プレイ記は全部で12本
あと晴れかに記念ゲームのレビューが一本です。

ちょこっとずつあげていこうかなと思います。


文章の内容の権利は日々萌え綴りの飛沫悠亜さんにあります。
ただこのブログに掲載している以上日向に責任があるので何かご不明点ご質問等ありましたら日向にご連絡くださいませ。



リードモアへ







スクコマ2、アスランと巡り合うために(笑)早速プレイ中です。
以下感想。ネタバレご注意を・・・と言ってもSEEDのことしか書いてない(苦笑
スクコマ1は私、プレイしていないんですが、プレイした相方曰く、リアルタイムで自分で機体を動かさないといけないので難しいし疲れる・・・。
ま、まあ、FFみたいなもんやろう・・・と(違うから)、難しかろうが何だろうがアスランに巡り合うためにはどんなゲームもプレイしてみせましょうよ!
てか、リアルタイム楽しそう!・・・とうっきうきしながら、プレイ開始です。
時間があまり取れそうにもないので、クリアには時間かかりそうだけど、まあ地道にアスランとの愛を(ゲーム違うから)深めていきたいと思います。


さて、このゲーム。
まあ、どんなゲームもですが、チュートリアルから入るんですよね。
しっかし、チュートリアルを見るのが本当に面倒くさくて仕方ない;最初に相方がプレイしてしまったので、その時一緒にチュートリアル見てたんだけど、やっぱり自分で動かしてみないとよく分からない・・・。
結局、後で譲ってもらった時に自分でもう一度チュートリアルみたわけですが、まあそこまで難しい操作じゃないかな・・・。
ただリアルタイムシュミレーションってなだけで、最初はまだ出撃させることの出来る機体数が少ないから余裕だけど、これ機体が増えてきたらもう何が何だか分からなくなりそう(苦笑
あっち動かして、こっち動かして・・・ああ、もうあっちも動かさないと!!!、ぎゃー敵出た!ぎゃーあっちの隅にも出た!!!とか後ほど絶対騒ぐ羽目になるんだろうなと思いつつ(笑
今のところまだ序盤なので、そこまで難しくはない。
1話なんかも適当にやってて勝てるような感じだし(当たり前)、ああ、ただ1話終了後に早速ジブリールがあくどそうな話してました。顔隠してあるんだけど、あの唇と服でバレバレ(笑
今回の主人公機、何やら訳ありっぽく脳波とかまあパイロットにいろいろな異常を来す機体くさいんですが、ジブリール達は「ゼロワン」と呼んでる。
んーでも何となく言わせてもらえば、回りくどくゼロワンなんか言わなくても、もうぶっちゃけ「ゼロシステム」でいいんじゃね?(笑

さーて、1話終了後。食堂でダンクーガチームやら、主人公やらが話をしているわけですが、大体話の終了後や、始まりには各作品のキャラが出てきたりする。
当然、私は「この食堂の後ろっ側で密かにアスランがぽつねんと飯食ってたりするんだって、きっと!」と、完全にありえない展開を意気揚々と相方に予想してみせたわけですが、スパロボ歴長い相方曰く、「そんな始めからSEED出てくるわけないだろう!スパロボのスパロボによるスパロボ的展開から言って、主人公機がスーパーロボットタイプなら、最初は絶対マジンガーチームとかに決まってる!」
・・・と言われた側から兜出てきました・・・orz
ああああああああああ、もう顔の濃い奴等ばかりゴロゴロと(笑

その後、2話3話と進めましたが、やはり相方の言うとおりスパロボ系の奴等しか出てこない。くっそーアスランいつ出てくるんだよ、おい。アスランアスランアスランアスラン・・・と呟いてたら、煩いと一蹴され、4話あたりまで、チュートリアルで戦闘方法を学びつつ、さて漸く戦闘方法にも慣れてきた5話目。

行き成りミネルバ来たーーー!!!!

ぎゃーキターミネルバミネルバ(うっほうっほ
え、これっていつのミネルバ?今、何してるところ?え、もしかしてもしかしてもしかしてと期待に胸を膨らませていた側から・・・

カガリ出たーーーーーーーーーー!!!!!!

やっべーしゃっべー。まさか種キャラ初の登場人物がカガリだとは思わなかった(はふんはふんはふんはふん←完全にジブリールのことは忘れてる・笑 いや、だってさジブさんは顔隠れてたわけだし、一応。
しかも完全に舞台がユニウスセブンの落下のところ!
ええええ、これって、もしかしなくても・・・。

ぎゃあああああああああああああああああああ、アスラン出たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(いつものことだけど騒ぎすぎ)

カガリの直ぐ後に出たから、もうダブルで興奮凄まじく。
しかし、舞台は種運命のユニウスセブン落下のところなのに、カガリの首相服はともかく、アスランオーブの軍服ですからーーーーー!!!!!(ごめん、むっちゃ違和感。アレックスでいいよ。私服アスランでいいよ・笑

さーて、この5話はユニウスセブンの落下を阻止しろというステージだったわけですが、勿論ザクウォーリアーに乗ったアスランと一緒に戦えるわけで、もうはふはふはふはふ、息遣い荒く(怖いから
ここでの出撃メンバーが当然の如く、アスラン、シンルナレイのミネルバ組と、こっちから出すメンバーになるわけですが。
当然アスランにかかりっきりになる、アスラン狂(笑←他の奴等のことも少しは気にしてやれ!

だってだってだって、指示を出す度にアスランが、

「了解だ!そちらも検討を祈る!」とか言ってくれるわけで、しかもこのアスランの声が

まるで劇場版アスラン見てるような

気分にさせられるぐらい大人っぽい!!!!(
ごろんごろんごろんごろん

大好きです!!!(落ち着け

更にアスラン。敵を撃墜した時の一声。

「こちらアスラン、敵を撃墜した!」

だーはっはっはっはっは!!自分で自分のことを

「アスラン」て言うアスラン可笑しい違和感!!


いや、ほらいつもアスラン・ザラ!って言うからさ。

他にも、
「やってみるしかないか!」とか、「アスラン・ザラ、了解した!」とか、石田ボイスで言ってくれるわけで、もうそれだけでこのゲーム買ってよかった、ああ、もう僕は幸せさーと天に飛び立っていきたい気分になるわけですが、アスランばかりに萌え萌えしてる間に、レイが死にかけてたよ!(ごめ・・・
・・・と言うか、本当ならアスランとシンで組ませて、残りルナとレイ、自分が出したマジンガーとかのスパロボの3チームに分かれて行動させたかったんですが、シンが乗るインパルスはやはりアスランとかが乗るザクウォーリアーとかよりも大分性能良い訳で、アスランとシンが一緒は勿体無いよなってことになって、後どうしてもアスランを私が指揮させたかったがために、結局シンレイ、アスルナで組ませて行動させてました。
そしたら、アスランとルナマリア無傷なのに、シンとレイほとんど死にかけだし(大爆笑
お、お前等・・・。
シンはまだインパルスに助けられて大丈夫だったんだけど、レイは本当に危なくって結局レイは私が操作して、必殺技なんか使っちゃったりしたら、レイの必殺技一撃でスティングとステラを仕留めてしまった(あれ~

うわーレイ強ーい(棒読み
そんなわけでステージクリア。
しかし、この5話目はステージが二つあって、もう1つの地球に落下するユニウスセブンの破片を一つずつ砕くほうのミッションも、アスラン落ちてくるかな!ザクウォーリアーで燃え尽きそうになって落ちてくるかな!、落ちてきたらシンより先にキャッチしてやるぞ、おりゃあああああああああああ(目的おかしいって)とか言いながら頑張ってたんですが、アスラン落ちてきませんでした(がっくり←だからおかしいって
変わりにウイングゼロが駆けつけてくれたわけですが、相変わらずヒイロはおいしいとこどりだな~(笑

そして、5話のステージ全クリア後、種運命でもあったユニウスセブンの破砕作業から戻ったアスランとカガリの会話があったわけですが。

ちょっと線入って見にくいですが、これ↓

su1.jpg


え、ちょ、ちょっと萌えじゃね?え、萌えるってこれ、絶対萌える!!!!
台詞とかニュアンスは種運命の時と同じなんですが、何よりアスランがオーブの軍服着てて、「焦らなくていい夢は同じだ」発言した時のような安心できる笑み(めっちゃ可愛いんだけど、可愛いんだけど、可愛すぎるんだけど、ああああああああああああああああ・発狂中)を浮かべてて、更にカガリが、傷だらけでAAに戻ってきたアスランに今にも泣き出しそうな目で対峙した時のあの心配そうな込み上げんばかりの愛しさ溢れる顔でアスラン心配してて!!!!


ぎゃああああああん、もう大好きです、アスカガ!!!!!!(だから落ち着け



まあ、この後はやはり種運命の如くシンが乱入してきて、パトリック・ザラどうのこうの~の台詞にアスランが浮かない顔しちゃうわけですが。
もうこのシーン見れただけで幸せだ。しかも5話目とか結構序盤でこんなおいしい・・・(だらだらだら

まあ、お約束でここで種は仲間には入ってこなかったわけですが、大丈夫です。
いつか脱走したアスランを私が拾いに行くから!で、カガリに引き合わせてあげるから!!!(目指せ恋のキューピッド←だからゲーム違うって、早く気付け・・・

えへへ、アスカガのキスシーンはちゃんとあるのかな?あるんかな?








>日向さん、さすがです。そのお気持ち
めちゃくちゃカッコイイです!
そして感謝感謝です!!



あはは、ありがとうございます。ですがほんとにそんなかっこいいことではなく自分のエゴエゴしいところだなと思うのですよ。
小説とかイラストとか頂いてきてパソコンのマイピクに保存とくるのが本当なんだろうなと頭ではわかっているんですけど、いつもどおり行動してしまいました。

でも、いま、頂いたスクコマ2の文を読んでいると本当に面白くて、アスカガしてて、それを説明される書き方も上手くて・・・。

やっぱりこれからもみんなに読んで欲しいなって文章なので。



自分も精進しなきゃ~~。

【2008/09/27 23:02】 URL | 日向 #-[ 編集]
>この度、飛沫さんのスクコマ2プレイ記が掲載されているのを読んで、思わずコメントを書いてしまいました。

 私も飛沫さんのプレイ記を読んで、感激した人間の一人です。
 飛沫さんが、ああやってレビューを書いてくれなかったら、きっとアスカガのあの素晴らしい台詞たちは、全く知らないでここまできたのではないかと思っています。
 本当に、日向様も仰っているように「本当に、ありがとうございました」このひと言に、尽きると思っています。
 
 飛沫さんのレビューを読んで「買おう!」と思った人間として、もう一度あのレビューが読めるという事が、とても嬉しいです。

 掲載してくださった日向様も、またそれを快く了承してくださった飛沫さんも、お2人とも本当に、本当にありがとうございました。



はじめましてです。
こんなカガリカガリアスカガアスカガ言っているサイトですがどうぞよろしくお願いします。




・・・・あああ、お書きいただいた内容、ほんとうにそのとおりです。
事細かにアスランとカガリの情報を知ることが出来たのは飛沫さんのおかげなんですよね。
日向も買いました。ゲームできないので記念買いですけど・・・(・・・少しはやろうよ?)
写真もコメントも毎日どきどきしてみていました。

日々萌え綴りの閉鎖の告知があって、・・・とりあえず放置でおいておいてもいいんじゃないですかといってみつつ、「また元に戻ってきちゃうから閉鎖」するとのことで・・・。

ココからは自分のエゴでしかなかったのですけど、どうしてもスクコマ2の記事をもう拝めなくなるのは辛くて、とにかくまず全部コピペしました。日向はそのへんどん欲なので・・・。

そして自分がサイトにお邪魔して何度も読み返したりしていたように読むのが好きな人もゲームの参考にみていた人も多くいたと思うんです。
だから、自ブログがお粗末であろうと飛沫さんの許可がいただけるなら掲載したかったのです。
もちろん飛沫さんがアレックスでもアスランでも戻ってこらられるならお返しします。



できるなら戻ってきて欲しいものですよ・・・。スクコマ2の偉業もそうなんですけど本人の人柄が好きなんで・・・。


・・・2年後?


フォントなどはまったくもって再現できている自信はありませんがアスランの誕生日にあわせつつ少しずつ載せていけたらなあと思っております。
【2008/09/27 01:34】 URL | 日向 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 COMBINATION-G, All rights reserved.