FC2ブログ

admin
暇なしの為・・ていうか自分も暇なくてぜんぜんアスラン誕生日に合わせて順々にあげて行くどころか何故か一気に上げることになりそうな。


(汁)


おかしいな・・・私、火金にあげるつもりでいたんだけどな・・・・。


やりたいこと多すぎる!
深夜バスでやられているはずなのに今日徹夜コースかな?!(笑)















以下スクコマ2プレイ記です。
暇無しのためなかなか進まずじまいですが(基本ゲームは2週間でクリアする派なんですがね・笑)、アスランさんはまだ脱走しません(・・・何のカウントダウンだ・笑
その一方でのAA組の会話に悶絶悶え中だなんて・・・あっはっは。
アスランよ、さっさとAAに君は合流するといいよ。萌えだらけだよ、もう(※フィルター通さずに純粋にゲームを楽しみましょう!
ゲームと言えば、TODの今度でるリオン主人公のやつなんか・・・これ私に挑戦状つきつけてるんかと思うぐらい、騒ぎました(爆
いや、もうリオン大好きですからっっっ!!!!!!!!
過去私の好きになるキャラは、何故か皆悉く散っていったという経緯の第一人者だ、リオンは(苦笑

最早どこまでプレイ記書いたかも忘れてますが(苦笑)、種関係ないところは敢えてスルーで!(こら
15、16、17話は特に関係なし。
18話「四番目の希望」
いろいろとはめられて皆して追われる身になってしまったA3特機チーム。ここで彼等はAフォースと名乗ることになったんですが、お約束でAフォースの討伐を任じられるミネ~ルバ~。

一言言いたいんだけどさ、種運命参戦って普通主人公率いる艦隊がこのゲームの主役側でしょう?なのに、種運命の面白いところって大抵シン達ミネルバ側が敵に回って、AAが正義みたいな感じになってんだよね。
別に後ほどアスランも脱走してくるからいいんだけどさ、結構あのアスランとかシンとかレイとかいるミネルバチーム相手にするのって疲れるんよ・・・。
キラの苦労が忍ばれる(苦笑
まあ逆にAAを敵に回すのも勘弁なんですが。
あーで、Aフォース討伐を命じられたミネルバ組は議長とご対面~。
ここでカットされてなくて嬉しかったのはアスランが議長に向かって「殺したから殺されて、殺されたから殺してそれで最後は本当に平和になるのかと以前言われたことがあります!」の台詞!!!
もうこれはカガリの名言だよね(にやにや
アスランを突き動かす糧になっているのは、やっぱりカガリの存在だと思う。アスランの中で一番息づいているのはカガリに言われた言葉だと思うし、皮肉にもザフトへの復隊だって頑張ってるカガリの力になりたい、自分に出来ることをやりたいと思ったからという部分が強かったと思う。
Aフォースを討つというギルにアスランが一人で反論。でも結局運命通りの展開になるわけですが。
ここで・・・ハイネ来たーーーー!!!!

ぎゃーーーん、ごめんすっかりハイネはスルーされてるもんだとばっかり思ってたから余計に嬉しかった!!!!(はふはふはふはふ
そして、ミネルバ組の会話の中で一番好きな部分が!!!

シン:「ザラ隊長、俺達の任務は?」
アスラン:「ヴェステンフルス隊長の方が先任だ、シン!」

あはは、シンがアスランのこと「ザラ隊長」なんて言ってるの初めて見たよ。

それで「何?お前隊長って呼ばれてんの?」というハイネの名言に繋がる(笑

ハイネ:「あ、それとも何?出戻りだからって苛めてんのか?お前もお前だな、アスラン。何で名前で呼べって言わないの?」
アス:「・・・すいません」
ハイネ:「だから謝るなって・・・」

運命本編と同じニュアンスだと思うけど、やっぱここのシーン大好きだ。
ハイネ大好きだ。
でもって、いろいろとカットされててシンやルナレイの前でこんな会話になる。

ハイネ:「そういやお前、前AAに乗ってたんだっけ?」
アス:「ええ・・・」
ハイネ:「いい艦だよな、あれは・・・」

最終的に「じゃあ、お前どことなら戦いたい?」の台詞に。

さて、ミネルバではこんな会話が繰り広げられている頃、Aフォースは大ピンチ。
AAチーム(ガンダム系機体中心)ですが、海峡で背後に連邦艦隊、正面にザフト討伐部隊と、見事に挟まれちゃった状態。
だからと言って左右は街があるから被害を考えてもそっちに進行は無理。
どう見ても絶体絶命。
そんな中、AAでは虎さんとマリュさんがこんな会話を。

虎:「辞世の句ってやつを考えときゃよかったな。それと、死ぬ前には特製ブレンドのコーヒーで一杯やりたいもんだが・・・」

マリュー:「諦めるのはまだ早いわ!」

虎:「なに、冗談さ。俺も諦めが悪い方でね。なにせパーフェクトなブレンド・レシピの完成だってまだなんだ!」

・・・ムウさんには非常に悪いんだけど、まさかのゲームで虎マリュ萌え!(笑

さて、戦闘開始です。
出撃メンバーはもう私の好みで、フリーダム、ルージュにウイング、ラーゼフォン、MkⅡ(好みばればれすぎ・自爆

カガリのルージュですが、フリーダムやWなんかに比べて、まあ当然と言っちゃ当然だけど、必殺技の高エネルギービームライフルが、流石に威力は弱いんだけど気力100、EN250で使えるからEN回復量をそれなりにあげておけば、ルージュで必殺技使い放題(笑
気力100で使えるのは本当に嬉しい。
なので始終私はカガリを操作しっぱなで、更にカガリの指揮能力をあげておけば、指揮ボーナスが経験値アップなのでおいしい。

そんなこんなやってたら、シン来たよ・・・おいorz

続いてレイとルナまで・・・(あああああ
ここまで来たら当然アスランも来るんだろうなーと思っていたら、アスラン来ない。あれ?そう言えばハイネも来ないなー。
ま、いいや。一番手強そうな二人が来ないなら来ないにこしたことはない!!
しかし、シン・・・カガリ気にしすぎですからーーーーーー!!!!(笑
いや、もうインパルス・・・手強いよ。ルナとレイは別にあんまり強くないんだけどさ(めっちゃ失礼
なので、前回の如くシンだけ先に皆で集中攻撃・・・(いや、ほんとごめ・・・ん
フリーダムやらW、あまつラーゼフォンにまで囲まれてしまったシンの運命はいかに!(るー
そんなわけでシンを真っ先に落としました。
で、シンを落としたらルナが一生懸命回線通して呼びかけてるんですよ。
「シン!シン!!!」って。
シンルナへの布石・・・(ええええ
実際今の時点でシンステ要素は一切ない・・・(あはは^^;

ところがどっこい。シンを落としてホッとしたのも束の間。

ぎゃーーーす、ファントムペイン来たーーー!!!

ぎゃふん。レイとルナもまだ残ってるのに、アウルとスティングとステラの相手だなんて鬼だ。鬼。これで落ちない艦なんてすっげーよ。もう天使のご加護だよ!!

で、何とか頑張ってレイとアウルまで落としたところで・・・


ぎゃああああああああああああああああセイバー来たーーーーー!!!!!


いや、もう何のイジメかと・・・(T▽T)

セイバーに乗ってやってきたアスランですが、AAに早速取り付いてくれまして・・・(死

アスラン:「機関さえ止めれば乗組員は傷つけずに・・・出来るのか・・・俺に・・・?お前はやっぱりいるのか・・・キラ・・・?」

優しい。どこまでもアスランは優しすぎる。
そして、自分に知った艦であるAAを落とすことが出来るのか?と自問自答するアスラン。乗組員を傷つけずに何とかしたいと頑張るアスラン・・・そして相変わらずカガリじゃなくて、キラのことばかりか・・・?と思ったら、何とアスラン・・・カガリは前回戦場で接触した時にとっくにAAを下りているとばかり思っていたみたいで。

で、アスランに続いてまさかの・・・

ハイネまで登場。


ちょ・・・これイジメじゃね?
アスランにハイネにルナ、ステラ、スティングを一気に相手しろってか!!!!
あああああああ、もうサバイバリヤー!!!!!

そして再び戦場で再会するアスカガ。

アスラン:「カ・・・カガリ・・・?」
カガリ:「・・・アスラン・・・なのか・・・?」
アス:「君は・・・まだAAに・・・!?」

・・・すっごくすっごく嬉しいんだけど、シンステ要素もキララク要素も一切今までにないくせに(まあ、本編に関係ないもんね、シンステもキララクも^^;)アスカガだけはこういう風にちゃんとピックアップされてる(どんどんどん
ちゃんとしっかり描いてくれている!

アス:「・・・くっ!!」
カガリ:「待てっ!!待ってくれ!!アスランっっ!!!」

いや、もうこのやり取りとか・・・最高なんだけど!!!
去っていくアスランに懸命に呼びかけるカガリが、本当に本当に可愛いし愛しい。

ここらだとアスランはキラにかかりっきりのはずだったんだけど、ゲーム上ではキラよりもカガリの方が重要視されてるし、アスカガの戦場での会話が本当に多い。

さて、ハイネをみんなでぼこってみる・・・(笑
そしたら、ハイネの扱いってゲームではどうなってんだ?まさか出てきたばかりでアニメ同様に沈むなんてことは・・・と思っていたら、瀕死のステラがあっさりハイネを切った(ああああああああああああああああああああああああああああ!!

ここでのアスランが「・・・ハイネーーーっ!!!」と叫ぶ文字がめっちゃ太文字になってて笑った。このゲーム戦闘中しか声が出ないのが残念なぐらい。

で、やっと片付けたよ、と思ったら、しまいにオーブ兵まで出てくるし。
ユウナよ・・・あんたって人はどこまで・・・orz

混戦模様が本当にすさまじかった。
これだけ種運命の主要戦力がゴロゴロ出てくるなんて・・・むずかったよ・・・疲れたよ。
でもランクA取れたよ!

で、このステージで失敗したと思ったのは、飛べないMKⅡが全く役に立たなかったってことだけで・・・(苦笑
そういや、MKⅡも飛べないんだね・・・(ははは

19話始まりでやっとアムロとカミーユの新型機が来た。
アムロのνはまだクワトロもこっちのチームにいるし、もっと後かなって思ってたけど、Zと一緒に堂々登場。
今までアムロがリックディアス、カミーユがMKⅡで戦ってたため、やっぱり他の機体と比べるとあまり強くなくて使えずじまいだったけど、これでアムロとカミーユも使えるようになった。

そして20話。
ここが破滅への罠だった。
まさか全然改造してもいなければキャラの経験値も振り分けていなかった、グレートマジンガーとマジンガーZの二機しか出せないステージが存在するなんてorz
当然、何も改造してない機体で敵を5体倒した挙句、暗黒大将軍をまさかのこの二機で討たなきゃいけないなんて・・・何度も何度もゲームオーバーになるし、セーブ取った場所が悪くてステータスをあげに戻れないし・・・(泣
やっぱスパロボ系もあげておくべきだったとここで後悔しつつ、何度かのチャレンジ後に1時間ほどかかってやっとクリア・・・(疲れた

ここクリア後、マリューさんがAAの甲板でこんなことを・・・。

マリュー:(私の選んだ道・・・正しいと言ってくれる?褒めてくれる?私の決断を・・・そして見守ってくれる?・・・ムウ。私達のこれから歩む道を・・・)

いや、アニメ本編よりよっぽど丁寧です。思わずホロリとしてしまった。
そこへすかさず虎がやってくるわけですが、これは虎マリュ狙ってるのか?(笑

虎:「独りで甲板でたそがれてるなんて似合わんぜ、艦長さん」

真面目に虎マリュ萌えなんですが・・・。
コーヒーをマリューさんに渡す虎とか・・・あああああああ。

その頃、AAブリッジではダンバインのショウが通信を借りてシーラと交信。
カガリとは同じ一国を預かる身であるシーラを見てキラが・・・

キラ:「負けてるね、カガリ」
カガリ:「な、何がだよ?」
キラ:「一国の主としての貫禄。まあ、カガリはまだ子供だから・・・」

キラ・・・容赦ない・・・(苦笑

カガリ:「あのな、お前!私はお前の姉なんだぞ、姉!」

カガリがめっちゃ可愛い。こういうシーン見てると、カガリが妹っぽく見える。

カガリ:「・・・ふん、ど、どうせ私は子供っぽいんだ。ラクスにだって負けてるさ・・・!ああ、負けてるとも!胸だって・・・

ぎゃあああああああああ、まさかカガリの口からそんな言葉が!!!
やっぱり女の子なんだなって思うのと同時に、キラとカガリの兄弟らしい会話だったというか、やっぱりキラカガは兄弟なんだなって実感した瞬間。
カガリはアスランの前では絶対にそんなこと言わないと思うから。キラが自分と兄弟だって分かってるからこそ言える言葉だと思う。
キラも兄弟であるカガリにだからこそ、そんな軽口叩けるんだと思う。

で、これに対してのキラの返答が、

キラ:「あ、胸は関係ないから。全然」

・・・と平然と返してるのにめっちゃ大爆笑。
と言うかラクスよりカガリの方が胸でかいだろう!!!??

ゲーム上でカガリの女の子っぽい会話見れるとほんと幸せ。
何となくこのキラカガの会話・・・思い切りフィルター通してみると、このままアスランに話題に繋がってもおかしくないと思う。
・・・と言うかこのままアスランの話題に本当に繋がるのかと思ったぐらい、ニュアンス的に(どんだけフィルター

たぶん、アスランのことは今はわざと会話から避けてるような雰囲気。
AA内では誰一人としてアスランのことを口にしない。カガリに気を使ってるような感じ。

さて、アスランが脱走してくるのは後何話後だろう・・・。






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 COMBINATION-G, All rights reserved.