FC2ブログ

admin
いや、まじで凹凸の回だと5年前のHさんが言っているwww。

というか最初にベコられるからとりあえず逃げる。たった今現在凹むわけにはいかなくて・・・。





> たびたびですm(_ _)m
> そうですよね、明らかにアスラン、ミネルバに戻って
> 逃げていようとしてましたよね、
> きっと部屋に引きこもろうとしてたに違い無いのに(^^;)
> ああかわいそう...と思いました、あの時(^^;)


あんなにリアルに逃げ出そうとしている・・・。お前は新卒会社員か。
なんていうか、『力』『学履歴』『ルックス』『生まれ』というものでしか見られていないから、仲良くしなきゃと思っても余計身構えるんだろうなあ。それをどうにか自分の力で壊すのは得意じゃないし。だから取り澄ましたようになっちゃう。
カガリはそういうのにこだわらない、想いが重要だからアスランの壁が簡単に無くなるだが。



>
> カガリのことを思い出している時の
> アスランは本当に良いのになあ
> それが不器用って事なのかもしれませんが...


ほんとに・・・想いの中心がカガリだとなんであんなにかっこいいんでしょうね。

ザフトで戦う事を受け入れたはずなのに。それが平和になると思ったのに。
間違っていないはずなのに、ずうううっとアスランは迷っている。自分の願うようにはなってないような気がする、では何が・・と自問自答している・・・。

カガリが傍にいるとなんであんなに弱みをみせてしっくりするんだろうなあ。

>
> 艦長についてはやっぱり
> 議長が戦いの無い世界をつくるためにうごいている、
> そしてそれが子供の未来の為にもなるんだと
> 信じていたんだと思います。
> でなきゃ子供の写真を持ち歩いているはずも無いですし。

うーんそんな綺麗なものかなあ。

でも議長とタリアがアスカガの一つのなれの果てと妄想するのは楽しいですが。
まあ、絶対あって欲しくはないですけど。

暴走したアスランとそれにわかってて付き合うカガリ。

黒くて未来のない感じにゾクゾクします。

そこまで議長とタリアに入り込めるぐらいのエピソードがあればよかったんですけどね。
そこに議長とタリアがいれられるならシンに入れてあげたいし^^;

やはり正直心の動きはアスランとカガリがだれよりも丁寧に描かれているなあデスティニー。
そりゃどっぷりアスカガにはまります。
【2010/04/30 23:13】 URL | 日向 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/04/30 18:31】 | #[ 編集]
> お邪魔しますm(_ _)m
> そうですね、女難いっぱいの回ですものね(^^;)
> 他は話だけで終わっちゃうし(^^;)
>

いやはやもー苦しかったです・・・。
てんこ盛りでした。ものすごく盛られた・・・。うえっぷ。


> でも、弟と観てて、
> 先に議長と、レイ&艦長が会うシーンで、
> レイが議長に飛びついた時、
> 艦長さんが笑ってみていたので、弟が
> 「あれ?艦長ってレイの事(クローンの事とか)
> 知ってたのかな?」と言いました。
> 「この雰囲気だとそうかもしれないね」と
> こたえました。
> そうだとすると、最終回の見方が
> 変わってくるかもです...。
>
> 次回はシンの回想だし...トダカさん...


タリア艦長はどーこーまーでしってんのかなあ。
正直、自分で生んだ子供をそっちのけで艦長やって、挙句好きな男の捨て駒になることを知ってて動く女の心理って・・・生々しい上、自分勝手だなあって。止めろよ議長を。好きならさ。それでも男って止まるような生き物じゃないけど。

あ、それましたw。
レイの事は知ってそうですね。知ってて何も言わないのは議長と同じ。
ある意味このシーンは家族、の図なのでしょうか。
タリアがいまいち母親らしいところがないのでピンときません。
この笑顔にしても・・・。


レイがアスランが当直に付こう(逃げよう)(爆笑)とするもとめて冷静にホテル?に止めようとするいいまわしがいい。


はああ、しかし来週?再来週?

まだまだ続くよ女難~~。
ほんとガルナハンまでですね。アスランがカッコイイの。このあとアスランがカッコイイと思えるシーンはもう無くなると思います。
このあとアスランがカッコイイときって、カガリのことを思うときやカガリといれた数時間ぐらいかも。
【2010/04/30 02:21】 URL | 日向 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/04/28 09:55】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 COMBINATION-G, All rights reserved.