FC2ブログ

admin

電力無視して仕事するのもこんな時だから出来るところが経済をまわさないとだし、電力が根本的に少ないならカイゲンレイとかしいて、衣食住以外の会社はやらないというのもありだしとかおもったり、そのわりにはまわりが物凄くのほほんとしている・・という相方は神経質すぎなんじゃないかと・・。相方の気持ちもわかるけど仕事帰りで仕事モードの日向と喧嘩になりそうになり。

やるべきことはやっておいてむやみやたらに恐怖な妄想はしない。あと、何もしないというのもしない。


被災もなにも・・電気が使えなくなるので、節電!
と、電気が無くても作れる食事。パンとか。
ガスは出るだろうから・・でも暗いところで作業するから物凄く気をつけて・・とか思うところいっぱい。

火の元、注意!ガス栓も必要なとき以外は締める。



Yahoo!ボランティア インターネット募金

支援活動 募金の受付情報

・ 東北地方太平洋沖地震 緊急募金のまとめ
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

・合同会社コーズ・アクションによる、各緊急募金のとりまとめページです。
http://cause-action.jp/


●あれば便利な災害備蓄品色々

□リュックサック

●食料関係

□水
□乾パンやクラッカー
□レトルト食品や缶詰
□粉ミルクとほ乳びん
□ナイフ、缶切り
□鍋や携帯コンロ

飲料水は、絶対にあったほうがいいです。

●救急・安全

□救急医薬品
□常備薬の予備
□予備のメガネ
□防災ずきんやヘルメット
□底の厚い靴

●貴重品

□現金(小銭も必要)
□預金通帳や有価証券の写し
□健康保険証の写し
□認印
□連絡カードや身分を証明するもの

●衣類など

□下着(家族分)
□寝袋
□雨具
□タオル 日用品
□携帯ラジオ
NHKラジオ周波数
東京都 東京 594 693
茨城県 東京 594 693
栃木県 東京 594 693
群馬県 東京 594 693
埼玉県 東京 594 693
千葉県 東京 594 693
神奈川県 東京 594 693

□懐中電灯
□予備の電池
□軍手(スキー用手袋が便利)
□ロープ
□マッチやライター
□使い捨てカイロ
□防塵マスク
□生理用品
□紙オムツ
□簡易トイレ
【簡易トイレの作り方】便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。
ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。
必要に応じて、ビニール袋を替える。水がなくても大丈夫

□ティッシュ・ウエットティッシュ
□包装用ラップ
□筆記用具
□大きなポリエチレン製ごみ袋


懐中電灯・予備の電池、簡易トイレは、大地震が起こった時に、あると必ず便利なものです。



・・・家族へ・・。
上記のうち必要なものを考えて選んで装備してます。
最近ザックを大きいのを買ったんだけど・・・ハイキング用で・・被災用じゃないんだけど・・・これがさすがというかよく入る・・。
まだ寝袋とかテントは持っていないが・・。

車は使えるようにガソリンを満タンにしました。
被災したら使えるかどうかわからないけど・・。

靴もすぐ履けるところにおいてあります。

携帯は身につけて寝てます。

やっぱり携帯は重要なので、充電はしっかりと電池充電できる簡易充電器を購入してます。
備考:参考に

東北地方太平洋沖地震 情報その2
地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。


人命に関わります電話の使用は極力避けましょう。
緊急の連絡(119、110)で必要としています。
安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットや Skypeを使いましょう。

心配でしょうが、安易に回線を使用しないことがあなたの御家族・御友人の安全確保に繋がります。


キャップがオレンジ色のペットボトルは熱に強い構造をしています。
お湯が確保できるならお湯を入れれば簡易湯たんぽやカイロ、飲み水にもなります。
体温調節が難しいお年寄りや赤ちゃんに利用してください。


iPhoneのひと『ゆれくる』というアプリをダウンロードしてください。
昨夜の福島県の震度5の地震を、33秒前に予測したらしいです。
余震に備えてぜひダウンロードしてみてください


iPhoneの電池を少しでも長持ちさせる方法
1.wifiを切る
2.位置情報サービスを切る
3.通知サービスを切る
4.Bluetoothを切る
5.画面の明るさを一番暗くする
6.余計なアプリを切る


寝るときは、なるべく部屋の真ん中、高いところにある物を全て降ろし、
割れる物も排除して、玄関に近い部屋で寝て下さい。
靴はすぐ履けるように枕元、玄関にはすぐの持って逃げられるように荷物を。
寒いので、荷物に毛布忘れずに


【関連記事:「災害用伝言板」横断検索、携帯・PHS各社が導入へ】

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
→http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html
伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
▼KDDIの災害用伝言板サービス
 EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。

 安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
→http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/

▼NTT東日本
→http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板 →http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/

 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/

▼イー・モバイルの災害用伝言板
→http://emobile.jp/service/option1.html#saigai
 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/

【あったらいいもの】
身分証明書、お金(通帳と判子も)、水、携帯と充電器、ラジオ、ペンライトや懐中電灯、
お菓子、携帯、応急セット、ハンカ、 ティッシュ、ゴミ袋、ラップ、クッション、毛布、
大きな音が出る道具、家族の写真

全部持っていくのは大変ですが、1つでもあると便利です。


●玄関あけろ
●荷物は玄関へ
●水、菓子、タオル買ってこい
●毛布出せ
●懐中電灯
●サランラップ
●靴はけ
●出来るうちに携帯充電しろ
●ブレーカー落とせ
●ガスの元栓締めろ
●電話は最低限
●ガラスや塀に注意 とにかく気を付けて



※追記
地震が起こったら窓には近付かないでください
窓ガラスが割れて怪我をするおそれがあります。窓を開けるのは地震が起きる前か、揺れが収まってから、窓ガラス割れていないことを確認して開けましょう。
まずは開けるなら『ドア』です。避難場所を確保してください。

ただし、防災としてはお水をためておく(お風呂でなくてペットボトルとかに)、ご飯を炊いておくなどはしておいた方が無難です。
まだ地震がない地域の方も不安がひろまっていると思うので。防災対策はされてたほうが安心はすると思います。
※追記終了


地震は大きな余震が何度もきます
一週間は覚悟してください
家には帰れないと思ってください
帰らないでください
お願いします。
命より重い財産はありません
お願いします。
倒壊した家屋に戻った結果余震で怪我をする方が多いんです。



切れた電線が地面に接してる場合、直接触らなくても数m以内に近づくだけで電撃食らう可能性があります。
あと、ブレーカー落とすより先に家中のコンセント抜いたほうがいい。
配電ボックスはプラスチックの箱の中にすぐ高圧電流流れてるから下手に触ると感電します。










このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/03/13 17:02】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 COMBINATION-G, All rights reserved.