FC2ブログ

admin







「・・・アスラン?」


誰かがアスランの名前を訝しい声で呟いた。聞き覚えがないなら聞き流す所だが、聞いたことのある声。
「ああ?あいつがこんな所にくるわけないだろ?。」
続いた軽い声も聞いたことがある。

そしてその声はどちらも一年半ぶりなのにあまりにも懐かしいとは少しも思わない。

無視しても良かったのだが、後で面倒になるのは目に見えてる二人の声だったので、おもむろに振り返る。
「・・・イザーク、ディアッカ。」


ザフトにいた時校内順位、模試、体育授業・・なにかと絡まれた印象しかない。





「久しぶりに会ったのになんつー顔してんだよ、おまえら。相変わらずだなあ。」
イザークとアスランは一瞬にしてその場を険悪なムードにした。
その空気にどういう関係なのかまるわかりで。
一緒に応援にきたフレイやミリアリアはため息をついているし、キラは苦笑いしている。



だが急にラクスが手をフィールドに向けて振る。
そっちを見ると、フィールドにでてきたカガリが両手を元気いっぱいに振っている。

ふっとアスランの表情が緩んで眉尾が下がる。


げっ、と小さく呻くディアッカの声が後ろからする。
キラやラクスには見せすぎてようやく慣れてもらったニヤついた顔を、彼等に見られてはと、頭をさげ目を反らし取り繕うとする。

「なに、おまえも彼女の応援?」
ディアッカがフィールドを指差す。
「お前には関係ない。」
「そーでもないぜ?」
ディアッカがフィールドを指差す。
すると、長い黒髪の少女とカガリが手を繋いで両手を振っている。
´
「隣の彼女がイザークの彼女。なに?おまえら恋人も敵同士?」
「それはあっちの方が一緒にされるとイヤなんじゃない?」
とディアッカが茶化したがすがすかさずキラがカガリたちをフォローした。




*********************


「調子はどうだ?」
カガリは長いこと全国大会で並んで走ったシホに声をかける。
「言うと思いますか?」
リラックスの仕方もそれほど違わないのでよく昔から会話する。
「調子良さそうだなあ・・・。あ、ちょっと向こうの応援に挨拶してくる。」
といって応援のほうを両手をあげて手を降る。
「あれ、え、?アスラン・ザラ?」
「へ?あ、そっか同じ学校かあ!」
「・・まあ、話をした事はありませんが。」
一年で引越ししていって、イザークが怒っていましたっけ。
「アスランとにらみ合ってる銀髪か?」
「相変わらずですね。」
「ふーん。」
急にシホはカガリ腕を取られ手を一緒に手をふらされる。
まあ、こういう子なのでわかっていた事だけれど、後ろでうわー余裕という悪口もそれなりに聞こえる。
「じゃあ、彼氏の応援も貰ったし予選に行きますか!」
「彼氏ですけど、彼氏とは言っていないですが?」
「アスランの友達が、彼氏でないのにこんなところにきたりしないだろ?」
それ、イザークにもアスラン・ザラに言っても怒りそうですが、少し聞いてみたい気もする。
ほんとうに、面白い人だと思う。彼女はこれで引退すると囁かれている。
その精神が惜しいなと思うが、たしかにカガリの身体はアスリートとしては限界かもしれない。
この性格なら指導者にも向いていそうだが、まだ戦いたいとも思う。
彼女の目指すところはなにかわからないが、そう悲観する方向に行かないのも彼女だ。


結果は予選はシホが一位通過。
決勝はカガリがコンマ差で一位で表彰台に上がった。






> カガリちゃんカッコいいです・・・なんだろう、この圧倒されるような存在感。
> いつもの可愛いカガリちゃんとは一味違いますね、眩しいといえば良いのか。とても素敵なんです!
>
> そして、カガリの人間観察力の鋭さにもびっくりです。
> シホのいい意味での素っ気無さと、クールだけど公正な、そして明らかにカガリには特別高い評価を下してるのがよくわかる、生真面目で大人な、そしてさすがイザークの彼女、な才色兼備ぶりにわくわくしますv
> そんなシホすら大胆に危うげなく絡めとってしまうカガリは凄いです!
> 初対面の、しかも遠目で見ただけでイザークの人となりを「アスランの友人だから」の一言で概ね見抜くカガリの、余裕と言うか、どの場面にあっても変わらない大物ぶりにうっとりでした。
>
> アスラン、口調はかろうじていつも通り冷たいのに、やっぱり甘い、照れ隠しの視線が可愛くてvさりげなく鋭いディアッカと、結局アスランのこと好きなんだよね・・と思わせる、シホ語るところのイザークがまた嬉しくて。なんだか今回もとても豪華だなあと見惚れてましたv
> 本当にありがとうございます!早速なんですが、つ・・続き、またお待ちしててもよろしいですか・・・?



もちろん!書きます~~v

とはいえ、ものすごい記事と記事のあいだに入れていてすみません。
相変わらずおとなしくしていませんです。


シホって喋っていませんからイメージしかないのでどんな話し方になるのかなあと思うと楽しいキャラですが、外見とイメージもヤマトナデシコ的ではあるんですけど決めたら曲げない芯の強さがあって、でもちょっと焦る事もある・・というかんじでかければなあとおもっていました。

どっちが勝つかなあともそもそ考えていました。
未来を見据えている選手と全てを今日に調子を合わせて出し切っていこうと考えている選手とどっちが強いのか・・わからなくなりました。
田中投手と齊藤投手のように・・・。

カガリとアスランが主人公なのでカガリに花を持たせましたがどっちが勝ってもうれしいです。

短い文章ばかりで申し訳けありません。ご訪問もして頂いて凄く嬉しいです。
もうちょっと書き進められればいいんですけど・・。なにぶん下手の横好き過ぎるもので・・TワT




【2011/11/23 03:12】 URL | COMBINATION-G #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/11/23 02:50】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 COMBINATION-G, All rights reserved.